報連相の巻

部下が「報連相」をしない本当の理由は…

 

 

 

報告・連絡・相談  は

あらゆる仕事の基礎となる部分ですね

 

 

会社で上司が部下に

「ちゃんと報連相しなさい」

と指導する場面はよく見られるものです。

 

しかし、「ちゃんと報連相しろ」

という言葉が出るということは、

裏を返せば

「自然に報連相が起きない状況になっている」

ということでもあります。

 

情報は「鮮度」が命。上司にとっては、

重要なことほど

「手の打ちようがなくなる前」

に把握しておきたいものです。

 

けれども、自分の元に情報が回ってくる

頻度が少ない、スピード感がないとしたら、

それは報告や申請を細かく

形式化しすぎているせいかもしれません。

 

たとえば、次のようなことになっていませんか?

 

・「日報」や「営業報告書」

といった各種報告書の数や記入項目が多い

・「休暇届」など各種申請書の数や

記入項目が多い

・報告書や申請書の締め切りがやたら早い

・報告書や申請書に必要なハンコの数が多い

 

これらの書類が増えれば増えるほど、

書く側はもちろん大変なのですが、

チェックして承認する側も

同じく大変になってしまいます。

 

「デスクに書類を積んでいるうちに

経理への提出期限を過ぎていて、

部下を困らせてしまった」……

なんてこともしばしば

あるのではないでしょうか? 

 

このように報告や申請の項目が多かったり、

承認者の数が多くなったりするのは、

リスク管理のため」……

と言えば聞こえはいいですが、

それだけ責任の所在を分散させている

ということでもあります。

 

また、「細かい報告を形式化させることで、

上司が自分自身を安心させているだけ」

という面も大きいのです。

 

自分のチームや身近な範囲内だけでも

何かムダなルールがないか探し、

半分に減らしてみてください。

そうして成果が出れば、

上層部にも提案しやすくなるでしょうし、

自分が普段身を置いている範囲だけでも

よい変化があることで、

たいていの人は過ごしやすくなりますよ。

 

習慣でいい考え

常に考える習慣
常に考える習慣が身に付くと

たとえば節約の場合、

会社だけでなく自宅でも

節約をする習慣が身に付きます。

 

節約をするために何を行うべきかを考えていくと、

こまめに電気を消す習慣は会社と自宅でも行い、

自宅の冷暖房費を節約するために

家族全員が同じ部屋で並んで寝る

などという具合に変わっていくのです。

 

常に考える習慣は仕事の垣根を超えて

いい公私混同を生み出します。

 

しかも、身体で一旦覚えると、

そう簡単には忘れないのです。

 

そうなると、仕事も人生もがぜん、面白くなります!

 

ですので、まずは職場の机と

自宅のリビングの壁に、

「常に考える」と書いた紙を貼ってみることから

始めていきましょう!

 

そうすることで、いつも目につき

常に考えることを意識するからです。

 

もし、恥ずかしい場合は

手帳やスケジュール帳でも構いません。

 

頭だけでなく身体が覚えるまで

意識していってください。

 

そうすれば、自分の一生の宝となりますよ!

 

言葉で給料アップ

40代で年収100万円アップさせる方法
あなたは、

今の年収を100万円アップさせようとしたら、

何をしなければならないと思いますか?

 

年齢があがればあがるにつれ、

転職は難しいし、

会社内で頑張っても、

突然飛躍的に年収がアップすることは

ほぼ無いですよね。

 

でも実は、

誰でもできる「ある事」をすることで、

簡単に年収が100万円アップするのです。

 

そのある事とは

「前向きな言葉を使う」

ということなのです!

 

日本初のモーゲージバンクである

SBIモーゲージ(株)を

設立した横山信治さんが40代で転職して

年収100万円アップさせることができたのも

前向きで明るい言葉、

楽しくなる言葉をたくさん発して

人に好かれる魅力的な人間になれたからです。

 

言葉を変えることにより、

対応も自信も違ってくるから、

年収アップの転職も成功するのですね。

 

もちろん転職以外でも、言葉を変えれば

年収アップにつながるチャンスが広がるので

ぜひ前向きな言葉を使うようにしましょう。

 

 

時には諦めてみる

無駄だと思うことは一度やめてみる
無駄を省き

効率良く仕事を行うことは

生産性の向上には欠かせません。

 

中には、

「いちいちやり方を変えるほうが面倒くさい」

という人もいるでしょう。

 

でも、だらだら続く残業と

無駄な仕事を減らす作業を比較すると

本当に面倒くさいのは

だらだら続く残業の方なのです。

 

「変えるのが面倒だ」と思った事を

まずは一度やめてみましょう。

 

もしそれでうまくいかなかったら、

また元に戻せばいいのです。

 

そう割り切れば

気楽に一度やめてみることができます。

 

仕事のやり方を変えるのは

確かに面倒くさいです。

 

しかし、その問題を解決しないと

無駄な仕事を一つも減らすことができず、

だらだらと残業が続くことになります。

 

自分の最大の敵は自分であり、

面倒だと思う感情をコントロールしていくことが

仕事を効率良く進めるためには必要なのです。

 

無駄を減らすことができれば、

残業が減るだけでなく、

新しいことにチャレンジする時間が増えるわけですから

仕事がどんどんいい方向へ向かいます。

 

一人ひとりが実践すれば大きな力となって

会社も大きく良い方向へ向かっていくのです。

 

そうすれば、会社の従業員やお客様も

皆が幸せになっていくのです。

 

言い訳は…

できない理由より、●●●を考える
仕事でも、ビジネスでも、よく見かける光景として、

ちょっと判断や決断を求められた時に、よく聞く言葉。

 

「でも」「だって」「どうせ」、、、

 

どうもできる方法を考えるより、

できない理由を探しているように感じます。

 

いや、頭の中ではできない理由を間違いなく考えています。

 

仕事でも何においても、成果を出したり成功している人は、

できる理由を考えて、前に進む理由を探し、決断します。

 

いや、決断が先で、後から理由を考えている気がします。

 

人は意識しないと、今のその現状を変えようとはしない。

変えたいと思っていても、失敗を恐れて、

それを避けるために理由を一生懸命に探す。

それが、人の思考というものです。

 

でも、成功や成果を掴みたいと思っている人は、

先に書いたように意識して、

それをやったらどんな風景が見えるかということを考え、

そのために何をしないといけないかを考えます。

 

未来の自分の成功した姿をイメージして、

なりたい自分をイメージして、

その未来から今の自分に問いかけるのです。

 

そうすることで、

今、何をしないといけないかということが

明確になります。

 

できない理由を考える人は、

なりたい自分の姿が明確になっていないのでしょう。

 

こうなりたいと思っていても、行動に踏み出せないということは、

本当はそんな自分になりたいと思っていない、

そんなメンタルブロックがかかっているのかもしれません。

 

踏み出すために必要なのは、踏み出すための行動を起こすこと。

 

正しい情報を手に入れて、突き進みましょう!

 

 

 

 

著 奈良澤 公典

稼げる仕事

稼げる資格・稼げる仕事ランキング
「稼げる資格」はこれだ!

ひとことで仕事に活かせる資格を目指すと言っても、

その目的は人それぞれ。

 

中でも、資格を取ることで昇給や

収入アップができるなら、

それに越したことはないと

考える方も多いのではないでしょうか?

 

転職市場での処遇の決定にも

「資格・免許」が「経験」「年齢」に次いで

重視されていることもわかっており、

ある部分では、資格と収入にそれなりの

関連性を見ることができるのです。

 

そこで、職種別の収入ランキングから、

ズバリ「稼げる資格」を分析してみました。

 

その結果は「やっぱりね」というものから、

「ええ? そうなの?」

と、超意外なものまで様々なのです。

 

【職種別”基本給”ランキング・男性編】

1位:医師

2位:航空機操縦士(パイロット)

3位:弁護士

4位:大学教授

5位:歯科医師

 

【職種別”年収”ランキング・男性編】

1位:弁護士

2位:大学教授

3位:公認会計士・税理士

4位:大学准教授

5位:記者

 

あなたが気になる職種についても

チェックしてみてくださいね。

 

朝の目標

朝起きてスマホに触るのはやめてください
 

あなたは朝起きたらまず何をしますか?

 

起きてすぐに枕元に置いたスマホを取り出し、

メール対応をしていたら要注意です!

 

実は、「朝起きて一番にメール対応する」

という人の多くは、

1日のうちに無駄な時間を過ごしていて

達成感なく仕事を終える、と感じることが

強いことがわかっています。

 

これは人の依頼に最初に答えてしまい、

自分のことは後回し、というところから

そのように感じてしまうようなのです。

 

では、1日の達成感や効率性を

高めるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

この問いに対する答えは簡単です。

 

それは、

「1日の初めには、その日の目標を立てること」です。

 

目標を立てることにより効率が上がり、

1日の終わりには達成感も高くなります。

 

もしあなたが

朝一番にすることが、スマホに手を触れることなら

今すぐやめて、

その代わりに、1日の目標を立てましょう。

 

これだけで、あなたの1日の効率性が上がり、

達成感も持てるようになりますよ!